このブログはヒーリング系ピアニスト、佐藤金之助のライブ活動などの日記・・・なのですが、日常のドタバタ日記でもありますです。

プロフィール

きんちゃん

  • Author:きんちゃん
  • 不定期更新日記です~

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

生タイタニック

何で今頃タイタニックかというと・・・

10年前、あのタイタニックの映画が流行った時に、船自体、その時代の客船、時代背景にハマった事があります。
今でもタイタニックのうんちくなら1時間はもちます♪

可能な限り歴代のタイタニックの映画は見たし、(船が事故って沈むまでをハデなシーンがほとんどない完全心理描写のものや、中には金返せ!状態のもあったり、ドラマとしての内容は92年の方が良いなあとかいろいろ思いつつ、いろいろ船や時代について調べてたりしてました)

ドキュメント物もかなり見たのだけど、新しくなればなるほど情報が変わっていって興味が更にわきます。

2001年の映画で、James Cameron作品のドキュメントもののDVDがあったのですね。
細かい研究的な要素はないけど、現代の技術で海底の船内のかなり奥深い部分までの映像中心にまとめられてます。

ドキュメント的な意味では前の作品の方が面白かったりしますが(船体の金属の分析とか)キャメロン作品では本物の船の内部映像にCGで元々はどうだみたいのがかぶせてあったり(逆にこれがないと分からないような・・・例の大階段なんか崩壊していて今はただの大きい穴だもんなあ。

その時代に生きたわけではないし、そういう大事故経験もないけど、ダイニングの窓がそのまま残ってたり、映画の冒頭で車を積み込むシーンがあったけど、(ホントに積まれていたそうです)あの車らしき残骸が発見されていたり・・・なんだかミョーに感慨深いものがありました。

少々うんちく言うと、実はタイタニックは3姉妹で、オリンピック・タイタニック・ブリタニクの順で建造されていて、寿命を全うしたのはオリンピックだけなんですね。
当時の客船は石炭から、重油に改造されて、20~30年使った後解体が多く、また、第一次大戦の影響で兵隊搬送や病院船になり、沈んだものも多いそうです。(ブリタニクはいきなり病院船になり、エーゲ海に沈んで、発見済)

生き延びた船の中には定期船としての寿命を向かえ、船上レストランやホテルに改造されたものもあり、タイタニックは寿命を全うしていたらなんらかの形で残されたであろう船の一つだそうです。(巨大すぎるからビミョーとの説もあり)
あの時代巨大豪華客船は他にもあったし、見た目はオリンピックと瓜二つだけど、あれほど豪華なのはタイタニックだけだったそうな・・・

なんだか不思議ですね。映像見て、いろいろ調べていくとその時代に生きて目で見たような錯覚を起こします。

さ、そろそろ仕事しよっと♪
スポンサーサイト
【 2006/05/23 21:05 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 回覧板です | ホーム | 衣装 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。