このブログはヒーリング系ピアニスト、佐藤金之助のライブ活動などの日記・・・なのですが、日常のドタバタ日記でもありますです。

プロフィール

きんちゃん

  • Author:きんちゃん
  • 不定期更新日記です~

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ヤマハ一気に勝負に出たか??

http://www.yamaha.co.jp/news/2010/10051101.html

ヤマハがコンサートピアノをフルモデルチェンジ。

それも一番デカいフルコンサートだけでなく、サロンコンサートなど小さいスペースに向く大きさのピアノも含めて3機種発売。(7月からみたいだけど)

天下のスタインウエイが、どの大きさのピアノもそのスペースに合わせたコンサートピアノ!という位置づけではあるけど、フルコンサートも小さいピアノも弾き比べて違和感はないのにビックリした事がある。もちろん小さいピアノですんごい低音が出るわけではないけど・・・
一番ぶったまげるのは実は縦型のアップライト!
我々は現場でアップライトと聞くと、無いよりマシか・・・と、思うけど、スタインウエイのアップライトは正にコンサートアップライト!ってなくらいすごい。

でも、とにかく高い!一般人に手が出るようなシロモノではない。


だから、スタインウエイデザインで、求めやすい価格のボストンピアノやエセックスピアノなどが存在する。

ヤマハはフラッグシップのCF3S、サロンコンサートや専門家向けの中型グランドのS4B、S6Bを持っていて、
CF3Sは1500万円だけど、S4.6も400~500万円のピアノで確かによいがこれもおいそれとは手が出ない。

一般モデルの品質が悪いワケではまったくなく、私が所有しているC3Eは大好きなピアノ。
とても気に入っているけど、コンサートピアノとはやはり一線を画してしまう。

今回のヤマハの3機種は、S4.S6と同じサイズで、完全にコンサートピアノシリーズと言い切って、どれも1000万円以上。

フラッグシップのCFXはスタインウエイのD274と同じ1995万円。

このご時世にえらく強気に出たヤマハ!
よほどの自信作なのだろう。

今年のショパンコンクールでは王者スタインウエイに、カワイSK-EX FAZIOLIも公式ピアノになるとかならないとか・・ ヤマハはこのCFXを完全にぶつけてくるだろう。

すごく楽しみ!とても購入出来る楽器ではないけど、展示会の情報入ったらソッコーで弾きに行ってこようっと!!


スポンサーサイト
【 2010/05/12 02:32 】

ピアノネタ  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< にっぽん丸 | ホーム | これおもしろ~い >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |