このブログはヒーリング系ピアニスト、佐藤金之助のライブ活動などの日記・・・なのですが、日常のドタバタ日記でもありますです。

プロフィール

きんちゃん

  • Author:きんちゃん
  • 不定期更新日記です~

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

アホと言うか情けないと言うか

こういうのこそ虐待でブチ込むべきと思う!

以下ネットのニュースコピペ

“ほんのちょっと”のつもりで子どもを車の中に放置してしまい、大きな事故を招いてしまうこともある季節だが、先日、中国でとんでもない理由で子どもを危険な目に遭わせた一件が話題を呼んでいる。

英紙メトロなどによると、この一件は中国の義烏市で起きた。高級車BMWのそばに立っていた一人の女性。車内に3歳の子どもと鍵を置いたまま外に出て、何かの拍子に車の扉が施錠されてしまったのだろう。気温32度の暑さの中で閉じ込められた子どもの泣き声は、周りの人たちにも聞こえるほどだった。

程なくして子どもを救うために消防士が到着。しかし女性は消防士の救助を拒絶した。

「高価な車なので、傷をつけられたくない。鍵屋の到着を待ちたい」

息苦しくなっているのか、車中の子どもはどんどん弱っていき、周囲の人々が不安そうに見つめる中、子どもは遂に意識を失ってしまった。当然のことながら、消防士は母親の願いよりも人命を優先。窓ガラスを割り、子どもを救出する運びとなった。

我が子よりも車を優先した母親に対しては、中国内だけでなく、世界からも非難の声が上がっており、「本当に短い時間で子どもの命に関わる。信じられない愚かさだ」「中国にとって一人っ子は宝物だと聞いていたが……」「こうした人間はオートロックドアに対して訴訟を起こすタイプだ。自分の責任について何も考えていない」「我が子よりも車が大事なんて……」と女性に対して厳しい意見が寄せられている。





スポンサーサイト
【 2015/07/17 14:30 】

 | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 西日本工業倶楽部(旧松本邸) | ホーム | お食事中の方は済んでから・・ >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。