このブログはヒーリング系ピアニスト、佐藤金之助のライブ活動などの日記・・・なのですが、日常のドタバタ日記でもありますです。

プロフィール

きんちゃん

  • Author:きんちゃん
  • 不定期更新日記です~

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

ピアノの管理(ちょいと今日はグチっぽいかな)

時として「持ち歩ければなあ・・・」と思います。

 と、こういう事を思う時は大体ヘンな(可愛そうな)ピアノに当たったときなのだけど、(最近あったんですよ)

その一 外装だけピカピカにした粗悪中古品を購入してしまった

その二 ホール備品に自動演奏は必要ないだろが!(自動演奏装置を否定する気は全くないのだけど、我々演奏家にとって自動演奏付きって元々のピアノにはない部品がついているためか、けっこう弾きづらいんですね。現に某ホールで、使う事もない自動演奏の部品が経年劣化のため、湾曲し、異音が出たことあった。あれって付けると100万円位高いはずなんだけど・・)

その三 高価な楽器を買わすだけ買わせて後はおざなりのメンテしかしていないので楽器がガタガタ!

その四 購入する楽器店の選択を誤ったため、外見はよいけど中身は粗悪品を買ってしまった。

エトセトラエトセトラ・・・

実はピアノの重量って弦をはっている鉄骨がかなり重いのですね。
弦1本あたり張力約80Kg。楽器全体で約20tの力がかかる鉄骨。
ちなみにホールのフルコンサートピアノの場合、楽器の重量は約500Kgですが、そのうち鉄骨が400Kgと言われます。
家庭用のグランドでも、300Kgの楽器であれば鉄骨が200Kgと言われます。
この頑丈な鉄骨がないと弦を維持できないわけなんだけど・・もし、同じ強度と響きと耐久性が確保できる別の軽~い材質があらわれたならば・・

 フルコンはムリにしても、中型グランドくらいだったら可能な限りちっこいトラックで運ぶだろうなあ・・調律も勉強するし・・

と、はかない夢をいだきながら今日はこのへんで・・
スポンサーサイト
【 2006/02/25 02:34 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< ダッシュ! | ホーム | 帰ってきました~ >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。